事業所の特徴

地域高齢者のより多くの笑顔を見たい

事業所におきましては、居宅介護支援事業所のケアマネジャーを中心として、行政機関や地域包括支援センターにご協力、ご指導をいただきながら、周辺の医療機関や薬局、各介護サービス事業者との連携強化に努めております。
訪問介護事業所におきましては、経験豊富なスタッフを配置し、生活支援サービスは元より、身体介護サービスにも注力しております。
また、障害サービス(居宅介護)事業者指定も受け、心身に障害のある方にもサービス提供をさせていただいております。
皆様の生活の一助となり、少しでも笑顔の生活を送っていただけるよう、スタッフ一同、誠心誠意サービスをご提供させていただきます。

居宅介護支援

ケアプランを作成いたします。

ご本人の状態を正確に調査・評価し、可能な限りご希望に沿ったケアプランを設計いたします。ご本人やご家族には
「サービス計画の内容」「利用料」「保険の適用」などについて、丁寧に分かりやすくご説明いたします。
常に最新で最良のプランが提供できるように、サービス担当者会議を定期的に開催し、プラン内容について検討いたします。

「手続き代行」「連絡調整」「情報提供」をいたします

「要介護認定の申請・変更の代行」「介護サービスを利用するために必要な関係機関との調整」「サービスの管理」「介護保険の給付管理(給付管理票の作成・提出)」等を行います。
※原則として介護保険制度から全額給付されるため、自己負担費用はありません。

訪問介護サービス

身体介護サービス ※要支援要介護の認定を受けた方がご利用いただけます。

ケアスタッフが、ご自宅を訪問して、入浴、排せつ、食事介助等、身体に関する援助を行います。また、外出や買い物の同行もいたします。
※サービスのご利用に伴い、所得に応じ、国の定める介護保険サービスの1~3割の自己負担が発生いたします。
※サービスのご利用が介護保険の給付範囲を超えた場合、全額自己負担となります。
食事の介助

生活援助サービス ※要支援要介護の認定を受けた方がご利用いただけます。

「調理」「洗濯」「掃除」「薬の受け取り」などケアスタッフがご利用者様に代わってご自宅で過ごすうえで必要な家事をご支援いたします。
いつも通りの暮らしを尊重し、ご支援いたします。但し、同居のご家族がいる場合、介護保険を適用できない場合がございます。

※サービスのご利用に伴い、所得に応じ、国の定める介護保険サービスの1~3割の自己負担が発生いたします。
※サービスのご利用が介護保険の給付範囲を超えた場合、全額自己負担となります。

居宅介護(障害)

居宅介護 ※障害支援区分の認定を受けた方がご利用いただけます。

ケアスタッフが、自宅を訪問して、身体介護(入浴、排せつ等)や、家事援助(食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事等)といった生活等に関する相談や助言など、生活全般にわたる援助を行います。
障害のある方の地域での生活を支えるために基本となるサービスとして、ご提供いたします。